清里・マッキントッシュ

清里高原のペンション。
清里・マッキントッシュは、ペット同伴で泊まれる、ピンクの屋根が印象的な建物。

以前から犬を飼うならビーグル犬と思っていたから
ホームページにはすぐ飛びついてしまった。
 
昔、ペットを飼うと家を空けられないから駄目とよく母に言われた。
それでも強引に猫を飼ったことがある。
現在は実家で叔父と従妹が面倒を見ているのだが・・・

最近はペットブームでお散歩の途中で犬と一緒に入れるカフェも増えている。
私の住んでいる所から車で少し行ったところにも、ペットショップ兼カフェがある。
カフェがある上の敷地は、犬たちが自由に走り回れるようなグランドになっている。
週末となると、たくさんの車が止まって大盛況。
 
「清里・マッキントッシュ」の話に戻るが、
ここのオーナーもビーグル犬を9匹飼っているらしい。
そのビーグル犬を引き連れてキャンピングカーで旅にも出ているとか。

ペンションをやっていると年間お休みなんてないから、
オーナーなんかはどこへも行けないのかな?と思いがちだが、
清里・マッキントッシュは、6月にお休みをとっている。
さきに書いたビーグルたちとの旅行なのか?
夏からの忙しい時期前の休息なのか?よくわからないけれど。
 
清里・マッキントッシュの宿泊予約の注意事項に「犬の生理について・・・」
と書かれていた。
人間も生理になると、公衆のお風呂やプールは入れないけれど
ここには、「ワンちゃんの生理に関してですが、他のお客様のオスのワンちゃんとの
接触にお気遣いいただいて出血時期を過ぎていれば、基本的にはお泊まりいただけます。
「それでもやはり・・・とご心配な場合は、お客様の自己都合キャンセルとなることを
ご了解下さい。」とあった。

大事な家族であるペットの犬と旅行。
宿泊するのも大変なのだと改めて勉強になった。

ミーハーな私の欲しい物


マッキントッシュから「iMac to go」というコンセプトの「iBook」が発表される。
「ブルーベリー」と「タンジェリン」と言った「iMac」での売れ行きが良い2色を用い、
簡略化された各ポートと、頑丈なポリカーボネイトのボディーを採用した。
「iBook」はそれなりのヒット商品だってみたいだけど、
大きさや重量と形状から日本では不評だったらしい。
 
私は世間の評判とは反して、「iBook」がとても欲しくてたまらなかった。
カラーとデザインにとても惹かれた。
使いこなせるほどの知識もないせいか、旦那には即却下。
見た目に飛びついたのだから、当然と言えば当然だが、
未だに未練たっぷり。
CMを見て、「やっぱりこれだよ!」と思っているんだから・・・

2006年にはIntel製チップを搭載した「iMac (Core Duo)」が販売された。
iMacで「Windows'XP」を動作させようという動きが、サードパーティ等から出始めて、
同年4月にはアップル社自身が将来提供するソフトウェア
「Boot'Camp」(2006年時点で、開発途上版が公開されている)を利用する事により、
Windows'XPがIntel'Mac上で動作可能になる。

ならば・・・我が家にもマックにチェンジする日もそう遠くないのでは????
「ipot」も是非欲しい!!
ディズニーとのコラボレーションの「ipot」がまたかわいい!
超ミーハーなので、以前から手に入れたいと狙っているが、
未だに手に入っていないのが残念で仕方がない。

リンゴのマーク

 
マッキントッシュ・・・
マックと言えば、頭にリンゴのマークが浮かぶ。

最近ではCMでパソコンとの違いを面白おかしく、
少し大げさに色々なパターンで紹介している。
大げさな表現に苦笑する時もあるけれど、うなずいてしまう部分もある。

アップルコンピュターと言えば、最も有名なハードウェア製品として、
パーソナルコンピュータの「Macintosh(Mac)」シリーズと、
携帯音楽プレーヤーの「ipot」シリーズがある。

ソフトウェア製品としては、オペレーティングシステムの「Mac OS」と、
総合ソフトウェアの「iLife」がある。
その中でも「imac」はグッドデザイン賞で金賞を受賞したのは有名な話。

5色になった「imac」は、「Candy」と名付けられ、
色名も「ブルーベリー」「タンジェリン」「ストロベリー」「グレープ」「ライム」の名称がついた。

当時パソコンの買い替えを考えていた私は、デザイン・色の魅力に惹かれ、かなり悩んだ記憶がある。

マッキントッシュの「imac」シリーズ。
その後もカラーテーマを替えて人目を惹いている。

レディースコート


イギリス生まれのマッキントッシュは、最近では超一流ブランド(エルメスなど)と共同で作品を発表している。

マッキントッシュと言えば、ゴム引きコート。
防水素材「マッキントッシュクロス」を使っているレインコートはあまりにも有名。

見た感じ「これで完全防水なのかな?」と思ってしまうけど
昔、軍隊でも採用されたくらいだから間違いないかも・・・・・
完全防水なので、通気性が良くなく蒸れるらしい。
でも、普通のレインコートも蒸れることには変わりないのだから、
デザイン、ファッション性から言ったら気にならないはず。

中でも、キルティングジャケットがかわいい!!
他にもステンカラーコート、トレンチコートもあるけれど、
背の低い私には、ハーフ丈のコートデザイン「RUM」はうれしい一つ。
素材のナイロンも長い期間着られるからいい!!
ポケットの楕円形のアクセントがキュートだと思う。

マッキントッシュのコートは、とにかく世界中から非常に高い評価を受けている。
マットな漆黒の艶がクラシカルで上品なブラックは重宝する定番カラー。
毎年一番の人気とか・・・
初めて「マッキントッシュ」のコートを購入する人にもお薦め!!
 
ただ残念なのは、人気な為「SOLDOUT!」の事が多く、入荷待ちは覚悟。
しかし、待ってでも購入しても良いのが「マッキントッシュ」のコートなのかも。

「チャールズ・レニー・マッキントッシュ」

 
マッキントッシュのデザインは、垂直と水平が強調された作品、
実用性だけでなく、美しさを追求した物も多い。
背もたれの部分に格子を入れたものが印象的。

私が「いいな〜」と思ったのは、「ウィローチェア」。
ミス・クライトンが、ティールーム設計の際にマッキントッシュに依頼したもので、ウェイターがお客様に呼ばれるまで控える時に使用されていたらしい。

背もたれの格子のラウンドがとてもきれい。
実物を見たことはないけれど、背もたれのラウンドが座った時に
体をゆだねても心地よさを感じさせそうな気がする。

夜、スタンドで照らしたら壁に映った格子のラウンドが綺麗に写ると思う。
座る以外にも、部屋のオブジェとしても演出してくれそう。

もう一つ、眺める為の椅子。ラバーバックチェア「ヒルハウス」。
背もたれのシルエットはこれも素敵。
ハイバックもすばらしい。
背もたれは背中に合わせて少し丸くカーブしてある。
実用性というよりはオブジェとしてゆっくり眺めていたい。

我が家のリビングにはオブジェとしてだけの眺める椅子を
置くのにはすこし無理があるが、
将来的に私だけのデザイナーチェアを「マッキントッシュ」で
是非、手に入れたいと思っている。